Loading...
 
   

代表メッセージ

認定NPO法人フローレンス 代表理事
駒崎弘樹




保育士の方々に聞いてもらいたい。

僕たちは、保育の「あたらしいあたりまえ」を創っている、ということを。

「あたらしいあたりまえ」って何なのさ、って思いますよね?

それは例えば、保育園が「大人の計画とかプログラムを子どもたち全員にあてはめる」のではなくて、「子どもたち一人一人の湧き上がる「やりたい」に、大人たちが伴走する」場所になること。
僕らはそれを「シチズンシップ保育」って呼んでいます。

また例えば、保育園が「子どもを保育する場所」であるだけでなく、「親子の課題を、ともに解決する場所」になること。
僕らはそれを「保育ソーシャルワーク」って呼んでいます。

また例えば、保育士が「休みづらくて待遇も低くて大変な仕事」なんかじゃなくって、「子どもの成長に一番大切な時間に関われる、日本中から尊敬される素晴らしい仕事」になること。
僕らはそれを「保育士の働き方改革」って呼んでいます。

今はこういうこと言っている人たちって、珍しいですよね?

でも断言します。10年後には、あたりまえになります。というか、僕たちが、させます。



どうです?僕たちと一緒に、こんな「あたらしいあたりまえ」を、一緒に創りませんか?

難しいかもしれない。

大変かもしれない。

今までの保育を、今まで通りのやり方でやっていれば、生み出す苦しみを味あわなくて済むかもしれない。

でもそれじゃあ自分は嫌なんだ、

っていう、ちょっとあまのじゃくな保育士さんを求めています。

難しくても大変でも今まで通りじゃなくても、子どもにとって、親にとって、最高の保育を創り上げていきたい。

そんな風に思う、あなたと共に、歩みたい。

親子が心から笑ってて、そこに最高の笑顔の保育士たちがいる。

さあ、僕たちと一緒に、そんな未来への旅に出ましょう。

あなたを、待っています。

説明会
に参加

LINEに
登録