保育について

みんなを思いやりながら、自分たちの未来をつくる力を育みたい

これからの未来には、
いろいろな考えを持った人との関わり、今はまだない新しい仕事など、
誰も経験をしたことのない世界が待っています。
そんな変化の激しい世界の中でも、みんなのことを考えながら自分たちの未来をつくっていける力。
私たちは、シチズンシップ保育を通して、その力の土台を育みたいと考えています。

保育理念

私たち保育園は、みんなの未来を
つくることに自ら参加し、貢献し、
そして楽しむ心を育みます。

*この理念を実現するための保育を私たちはシチズンシップ保育と呼びます。

シチズンシップ保育ってどんな保育?

私たちは、みんなを思いやりながら自分たちの未来を変えていける力を育むために、共感性・内発性・創造性を伸ばしていく保育を「シチズンシップ保育」と呼んでいます。

保育目標

  • 共感性

    自分の気持ちを大切にし
    他者の気持ちも
    大切にする
    子ども

  • 内発性

    自らの内なる声を聴き
    主体的に動く子ども

  • 創造性

    自由に考え
    創造する子ども

保育園での生活の中で、自分の気持ちや他人の気持ちを知り、大切にすること。子どもたちの「やってみたい」を、1つ1つ子どもたちと考えながら実現していくこと。その積み重ねが大切だと考えています。
シチズンシップ保育は子どもたちひとりひとりの気持ちや意見を大切にし、子どもたちの「やってみたい」を応援する保育です。

わたしたちが大事にしている
価値観

フローレンスで保育に関わるすべてのスタッフが大切にしている約束、心がけている姿勢を「フローレンス保育クレド」と呼んでいます。
わたしたちが大事にしている価値観です。

保護者のみなさまへ

保護者をお客様ではなく
クルー(共に船をこぐ乗組員)と考えます。

子どもたちへ

子どもたちの自己肯定感を育むことに
全力を尽くします。

保育者として

常に最高の保育に向かって学び続けるプロです。

保育チームとして

子どもを育む最高のチームです。