シチズンシップ保育をプチ体験!~6月5日(日)はフローレンスの保育フェア~

日々、フローレンスではお仕事の魅力をお伝えするために、お仕事説明会を随時開催しています。
ただ、普段の説明会では伝わり切らない魅力が、実はまだまだたくさんあります…!

そこで、普段のお仕事説明会とは異なった形でお仕事の魅力をお伝えする場として、6月5日(日)に「保育現場をプチ体験!フローレンスの保育フェア」を開催いたします!

普段の説明会、そして例年のフェアとは異なり、実際にフローレンスで働いているスタッフの話を聞くことができたり、フローレンスの多様な保育を1日で知ることができます。
そして、何といっても、今回は「保育現場の様子を体験できる!」という特別なコンテンツもご用意しており、たくさんの魅力がつまったイベントとなっています。

本日は、「フローレンスの保育園」のブースで体験できる内容を事前に少しだけご紹介いたします!

保育フェアの詳細・申込はこちら


フローレンスの保育園ってどんなところ?

「みんなを思いやりながら、自分たちの未来を変えていける力を育みたい」

そんな力を育むために、フローレンスの保育園では、共感性・内発性・創造性を伸ばしていく保育を実践しており、私たちはその保育を「シチズンシップ保育」と呼んでいます。

これを実際の保育現場でどう実践しているのか…、気になりますよね!
フローレンスの保育フェアでは、そんなプチ体験ができます!

フローレンスの保育園紹介

おうち保育園

0-2歳児の子どもたちのための小規模な保育園。
園名には「おうちにいるような安心感を感じられ、子どもたちにとってのもう1つのおうちになりたい」という願いが込められており、安心感を感じられるよう少人数での保育を行い、一人ひとりと向きあいながら自己肯定感を育みます。


みんなのみらいをつくる保育園

0-5歳児の子どもたちのための認可保育所
園名には、「”みんなのみらいをつくる人”に育ってほしい」という願いが込められており、一人ひとりと向き合いながら自己肯定感を育み、幼児期には「ピースフルスクール・プログラム」「感情カード」を取り入れています。

保育フェアの詳細・申込はこちら


自分と他人が違うことを知る「感情カード」

今回の保育フェアでは、フローレンスの保育園が実践している「シチズンシップ保育」の理解を深めていただくために、「感情カード」や「サークルタイム」をプチ体験いただくコンテンツをご用意しています。

※サークルタイムとは…?
輪になり、皆の顔を見ながら話し、考え、意見を言う「サークルタイム」では、自分の意見と同じように、他の子の意見も大切なことを、小さいな時から学びます。

感情カードって?

感情がある、そんなこと教えなくても分かるのでは?と思われるかもしれません。

でも、「嬉しい」とか、「楽しい」というプラスの感情は出しやすいですが、「イヤだ」とか、「怒っている」といったマイナスの感情は抑えがちです。
もしかすると、自分が我慢すれば・・・という日本の古き良き体質(?)が根付いているのかもしれません。

マイナスの感情があることを知り、その感情と向き合う経験。
そして、それを誰かに受け入れてもらえる経験は、自己肯定感を高め、相手を思いやる一歩につながると、私たちは考えています。

「自分に感情があるように、お友達にも感情がある」

何かを決めるとき、自分だけの意見や感情を押し通すのではなく、相手の意見や感情を尊重しながら、どうしたらいいかを考えられるようになるのではないでしょうか?
まさにシチズンシップを実践している、「感情カード」の取り組みを皆さんにも体験いただき、明日からの保育にもぜひ活かしていただきたいと思っております!

また、プチ体験の他にも、「おうち保育園」「みんなのみらいをつくる保育園」それぞれの保育の特徴について、保育スタッフ自らお話いたしますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。
フローレンスの保育園のブースでお待ちしております!!

保育フェアの詳細・申込はこちら


年に1度の大きなイベントとなっている、フローレンス保育フェア!
ぜひこの機会をお見逃しなく、ご参加ください!

入退室自由なイベントとなっているため、「午前だけ!」「午後だけ!」の参加も大歓迎!
直前までお申し込みは受け付けておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

皆さまからのお申し込みをお待ちしております!

保育フェアの詳細・申込はこちら