先日、みんなのみらいをつくる保育園初台では、つくる組(3~4歳児クラス)のみんなで芋掘り遠足に行ってきました。

今回は園にとって初めてのバスでの遠足になりました。

何週間も前から「お芋いっぱい掘るんだ!」「早くお芋掘り行きたいなー!」
と首を長くして待っていた子どもたち。

しかし週間予報を見てみると雨マークがしっかりついていることを発見…

日が近づくにつれ、子どもたちも雨かもしれないということを知ると、「てるてる坊主作ればいいんだ!」と一人の子が言いました。するとそのことを聞いた子たちも「そうだね!」と同調し、てるてる坊主作りが始まりました。

その効果は絶大だったようで、当日80%以上だった雨予報が覆り、見事遠足に行くことができました!

朝から初めてのバス遠足に少しドキドキした様子の子どもたち。

でもバスに乗ったらワクワクする気持ちが溢れ、あっという間に芋掘り畑へ到着!

畑のおじさんの話を聞き、すぐに芋掘りが始まりました。

畑の土の感触がとっても気持ち良い!!
とても柔らかいのでどんどん手で掘り進めることができました。

途中で折れないように注意しながら…

「やったー!採れた!」

畑のいたるところから子どもたちの歓声が沸き上がります!

保育スタッフも童心に帰って芋掘りを楽しみました!

その後もどんどん収穫し大豊作でした!

芋掘りが終わると、もうひとつの遠足の楽しみ。
お弁当の時間!

外で食べるご飯はまた格別なようで、あっという間に食べ終わりました。

帰りのバスは疲れた子もいたのか寝ている子もいました。

あっという間の遠足でしたが、その日の降園時、迎えにきた保護者の方にさつまいものお土産と一緒に、

「たくさん掘れたんだ!」
「私の顔よりも大きかったよ」
「お弁当美味しかった!」

とたくさんの感想を伝えていて満足なつくる組(3~4歳児クラス)の子どもたちでした。

お土産のさつまいもの大きさを見た保護者の方も、

「こんなに大きいのが採れるんですね!」
「子どもたちが大きいと言っていましたが本当に大きくてびっくりしました!」
と驚いていました。

予想以上にたくさん採れたので、今回はこの遠足に行かなかったみらい組(1~2歳児クラス)にもおすそ分けしました。
みらい組の子どもたちも、大きなさつまいもを見てとても嬉しそうでした。

また、芋掘り遠足とは別の日に、今回収穫したさつまいもを使ってカップケーキ作りも行いました!

子どもたちは芋掘り遠足を思い出しながら、皮むきをしたり、カップケーキの生地作りをしたり…
完成したあとは、おやつの時間に自分たちで収穫したさつまいもの味を楽しみました。

保護者の方からも、お土産として持ち帰ったさつまいもを使ったふかし芋やスイートポテト、お芋ご飯などを作ったとお教えいただきました。
子どもたちは掘ったことと同じくらい、食べることもたくさん楽しめたようです!

今回の遠足を通して、改めて四季に合わせた自然に触れることの楽しさや大切さ、学びを子どもたちの生き生きとした笑顔から感じることができました。

またこのような機会を作って子どもたちと楽しく学びのある活動をしていきたいと思います。

2020年度の入園を募集中!

フローレンスの保育園は、ありのままの子どもたちの可能性を引き出し、「やってみたい」を応援します。好みも考え方も様々な子どもたちのなかで、お子さんの「自分らしさ」をのびのびと育ててみませんか?

現在、2020年度の入園を募集中です!

各園で見学や体験入園も行っています。まずはお気軽にお問い合わせください。

>>みんなのみらいをつくる保育園について詳しくはこちら

>>おうち保育園については詳しくはこちら